MENU

初めてのキャッシングは美容整形代金

私が初めてキャッシングと言う名の借金をしたのは、24歳。銀座のクラブホステスになったころでした。スカウトされて入店したは良いのですが、あまりに綺麗な女性や可愛い女性が多くて、自分の容姿にコンプレックスを抱くようになり、貯金でエステに行ったり、化粧品を揃えたりしたのですが、どうしても頬の脂肪吸引手術をしたくなり、美容外科クリニックに行きました。25万円と言う手術費がどうしても捻出出来ずに、近所にあった消費者金融会社の無人契約機で10万円の借り入れ×2社、合計20万円のキャッシングをしました。まるでATMで自分のお金を引き出すような簡単さでこれはまずいなと感じたのを覚えています。実際にその後も、脚の脂肪吸引、腕の脂肪吸引と続けて施術しましたが、やはり消費者金融会社からキャッシングで費用をまかないました。合計100万円を越して、月々の支払いが大変になってきて初めて危機感を感じました。結局は親戚に借金をして消費者金融会社にはすぐに返済しました。借金は計画的にしないとだめですね。

生活時間帯のズレる水商売でも安心

私が消費者金融からお金を借りていた主な場所はコンビニのATMです。仕事帰りの時間でもコンビニのATMだと開いています。手数料をひかれることもあったのですが、遅い時間でもおろすことができて便利でした。近くに消費者金融や銀行のATMがなくても、コンビニさえあれば簡単に利用することができます。また、インターネットを利用すると、自分が持っていたネットバンキングの口座に振り込んでもらうことも可能でした。
ATMでお金をおろしていましたが、人目を気にすることもありません。消費者金融のカードは一見するとどこかの銀行のカードと変わりません。コンビニでお金を引き出していても、何の違和感もないです。そして、利用残高や明細などもインターネットが利用できれば、その消費者金融のHPから確認することもできます。私は、家族には内緒で利用していましたが、バレることはありませんでした。
手数料などが気になる場合には、お手持ちの消費者金融へ行きATMで引き出すことをお勧めしますが、個人的にはコンビニを押したいです。