MENU

キャバ嬢は賢くクレジットカードのキャッシング機能で乗り切る

昼は大学生、夜はキャバ嬢

大学院の学費を滞納していたら、ある日手紙がきて2週間以内に滞納している学費を全額納めなければ退学になることを通告されました。親との関係が良くなかったし、親戚などに頭を下げるのもイヤだったので、どこかでお金を借りようと考えました。納めなければいけない学費は120万でしたが、そのうち100万程度を借金しなくてはなりませんでした。大学院生の身分で2週間という限られた期間でローンの審査がおりるのは難しいと考えました。そこでクレジットカードについているキャッシング機能でお金を借りることにしました。自分はニコスカードを使っており、ぎりぎり100万であればキャッシングを使える状態でした。退学の危機を回避することができ、当時は本当にキャッシングに助けられたと感じました。しかし返済しながら、100万という金額はカードのキャッシングで借りてはいけない金額であることを痛感しました。それほど利子がきつかったです。

友人達を旅行に行くために消費者金融でお金を借りました

お金を貯めたりすることが苦手なので、旅行に行くための資金を消費者金融で借りてしまいました。
友人達が旅行に行く計画を立てていた時に自分だけ行くことが出来ないのは嫌だったので、お金を借りて旅行に参加をすることにしたのです。

お金を借りた消費者金融はCMで印象の残っていたアコムです。
とにかくお金を借りたかったので本音を言えばどこでもよかったのですが、名前を知っている方が安心かなと思ってアコムを選びました。

すぐにお金を借りられるようになったので、旅行に参加をしたいと友人達にすぐ意思表示をすることが出来ました。
消費者金融のサービスがあったおかげで友人達と旅行に行けましたし、借りられたことに本当に感謝をしています。

お金を借りてまで旅行に行くのはどうなのかと思われてしまうかもしれませんが、個人的には大満足です。
返済は旅行後に何よりも優先をして終わらせました。
今後はお金を貯める習慣もつけたいですが、消費者金融が便利なのでまた頼ることがあるかもしれません。