MENU

借り過ぎに注意。水商売のキャッシング地獄

キャバ嬢のギャンブル狂い

私は無類のギャンブル好きでした。平日に少しでも暇があればパチンコへ行き、土日は一日中競馬をするという生活をしていました。もちろん、給料の範囲で済むことは少なく、消費者金融を利用していました。
暇があるときが一番利用したくなっていました。理由は、上に書いたようなことです。とりあえず消費者金融から1万円ほど借りて、パチンコへ行きます。勝てばそれでいいのですが、毎回毎回勝つわけではありませんでしたので、負けてお金が無くなれば、時間があるときは近くのATMに行ってお金をおろしてまたつぎ込むという感じで使っていました。
また利用したくなる時は、給料日前に仕事上の付き合いに誘われた時でした。その当時の職場で一番年下だったということもありましたが、よほどのことがない限り断ることができなかったので、コンビニへ行きおろしていました。
私がお金を借りる理由は、生活に困っているから、給料が少ないからということではなく、ある意味で自分のストレスを解消するために利用していました。
ただ、返済のことを考えると大きなストレスになっていましたので、一次的な欲求を満たすために利用していたにすぎません。自分の欲求を満たすために利用すると後々は大変なことになりますので、ご注意ください。

消費者金融を利用して困ったこと

私は数社の消費者金融を利用していました。利用している中で困ったことを何点か書きたいと思います。まずは、数社利用していたので、最後は借りることができずに、返済日にお金を返済することができなくなったことです。そのために、ほかの消費者金融にお金を借りようとしましたが、法律の関係と返済が滞っていた事実がありましたので、借りることができなくなってしまったことです。CMの最後に、「ご利用は計画的に・・・」という文言がありますが、まさしくその通りだと思います。
また、利用して困ったことは、職場にも電話が来るということです。契約をするときに、匿名という形で在籍確認があります。相手の方から電話をするとは伝えられていましたが、周りの目を考えるとあまりいい気持ではありません。さらに、返済が滞ってくると、職場に電話が来ることがあります。そして、自宅にも督促状が来ます。自分がいけないのですが、気持ちいいものでもありませんし、家族に内緒にしていても、ばれるきっかけになることです。
これらのこともありますが、便利なものでもありますので、ご利用は計画的にしてください。